2016年04月28日

欧米ドラマ 「TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ」シーズン2~日本初放送スタート

コリン・ファレル、レイチェル・マクアダムス他 豪華映画スター4名が共演!「トゥルー・ディテクティブ シーズン2 DVD
欲望と陰謀が渦巻く〝犯罪都市“ロサンゼルスを舞台に贈る、傑作クライムサスペンス!

都会の闇が、刑事とギャングの運命をスリリングに狂わせる

160428131424

ハイウェイ・パトロールの白バイ警官が遭遇した不可解な殺人事件。死体は目玉をくり抜かれ、まるで宗教儀式を想起させるような損傷があった。やがてこの事件をきっかけに、異なる組織に所属する3人の刑事と、1人のギャングのドンが運命的に繋がっていく。彼らはそれぞれに陰謀と裏切りの数々を解き明かすべく奔走するが、やがて事件の背後に潜む巨大で深い闇が表面化し、巨額の金が動く犯罪の数々が明らかになっていく。


欧米ドラマ 「TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ」シーズン2~日本初放送スタート
監督: ジャスティン・リン
出演: コリン・ファレル, レイチェル・マクアダムス, ヴィンス・ボーン, テイラー・キッチュ, ケリー・ライリー  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 16:00Comments(0)

2016年04月26日

「グッバイ、ミスターブラック」イ・ジヌク、ムン・チェウォンに“君のことは好きじゃない”

チャ・ジウォン(イ・ジヌク)がキム・スワン(ムン・チェウォン)に酷い言葉をぶつけた。

20日、韓国MBCでは水木ドラマ「グッバイ、ミスターブラック DVD」(脚本:ムン・ヒジョン、演出:ハン・ヒ、キム・ソンウク)の第11話が放送された。

タイで起こった殺人事件の犯人が自分だと偽りの自白をしたジウォン。面会に来たスワンに「マリ(ユ・イニョン)を忘れて、君のことを好きになろうと頑張ったけど、ダメだった。まさか信じてた? 僕が君を? 可哀想だったよ。名もなく、ごみ処理場を探る君が」と言った。

スワンは驚いた。だが、ジウォンは「夢は終わったよ。僕は殺人者で、マリのもとに戻ることも、ジス(イム・セミ)を元に戻すこともできない。何もできなくて腹が立ってたまらないのに、君に相手する暇はないんだ」と冷たく言った。

スワンは涙をこぼし、「知ってた。夢だということは。ブラック(ジウォンの別名)が私のことを好きなわけないじゃない。どうせ私ばっかりが好きだった。でも、片思いも愛なのに」と言い、その場を離れた。

20c7a6530ccd
  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 14:27Comments(0)

2016年04月21日

4Minute ナム・ジヒョン、挑発的な眼差しのセクシーなレトロガールに変身!

ガールズグループ4Minuteのナム・ジヒョンがセクシーなレトロガールに変身した。

ナム・ジヒョンは男性向けマガジン「ESQUIRE」のグラビア撮影で、挑発的な眼差しのセクシーなレトロガールに変身し、神秘的なオーラを放った。

0160421105455

グラビア撮影とともに行われたインタビューでナム・ジヒョンは韓国を代表するガールクラッシュ(女性が女性に対して憧れの感情を抱くこと)グループ、4Minuteをリードするリーダーとしての責任感と重さ、そしてメンバーたちに対する感謝の気持ちなど、率直に明かしたという。

また歌手はもちろん、役者としてのナム・ジヒョンの将来と抱負なども率直に語った。

ナム・ジヒョンはMBCドラマ「マイ・リトル・ベイビー DVD」でヨガインストラクターのハン・ソユン役を熱演中だ。毎週土曜日の深夜12時40分より韓国で放送されている。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 15:59Comments(0)

2016年04月19日

「グッバイ、ミスターブラック」イ・ジヌク、ムン・チェウォンに甘い告白“君のために生きたくなった”

グッバイ、ミスターブラック DVD」のイ・ジヌクとムン・チェウォンがお互いの心を確認し、甘い時間を過ごした。

14日に韓国で放送されたMBC水木ドラマ「グッバイ、ミスターブラック」(脚本:ムン・ヒジョン、演出:ハン・ヒ、キム・ソンウク) 第9話でチャ・ジウォン(イ・ジヌク) はキム・スワン(ムン・チェウォン) に「ここに来るまでどれだけ怖かったのか分かるのか? 君を失いたくない」と話し、二人はお互いの心を確認した。

その後、チャ・ジウォンとキム・スワンは車で移動した。チャ・ジウォンはキム・スワンに「手をつないで一緒に逃げた時が良かったのに」と話し、キム・スワンに手を差し出した。キム・スワンもチャ・ジウォンの手をつないだ。

その後、チャ・ジウォンは「スワン、僕は君のために生きたくなった。君が僕を見ているとより生きたくなるよ。だからこれからは僕だけ信じてついてきて」と話した。

2pm007

  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 17:06Comments(0)

2016年04月14日

「子供が5人」放送開始…アン・ジェウク&ソ・ユジンの正反対の境遇が描かれる

「子供が5人」私たちはいつもドラマの中の離婚と死別、その後の物語が気になった。

韓国で20日に放送されたKBS 2TV新週末ドラマ「子供が5人 DVD」(脚本:チョン・ヒョンジョン、演出:キム・ジョンギュ、制作:A Story)では、シングルマザーとシングルファザーとして生きているイ・サンテ(アン・ジェウク)とアン・ミジョン(ソ・ユジン)の物語が描かれた。

この日、イ・サンテは息子イ・ス(チョ・ヒョンド)の授業参観に参加するやさしい面を見せた。イ・スは「僕のママはもう5年前に亡くなった。その時からパパはママであり、僕の英雄だった」と誇らしい顔をした。

1-view

実際にイ・サンテは一瞬も目を離さずに二人の子供の面倒を見た。子供たちの学校活動にも積極的に参加し、休みの日は一緒に遊びながら時間を過ごした。イ・ビンが病気になった時は裸足で病院まで走った。イ・スは「パパは僕が必要とするたびに現れるスーパーマン、パパはクモの糸が出ないスパイダーマン、バットマンだ。アベンジャーズではないけど僕たちを守ってくれる地球最高の英雄だ」と明るく笑った。

そんなイ・サンテだが、妻の空席は痛かった。彼は死別した妻の写真を見ながら「あなたが生きてさえいれば、そうだったらどんなによかったんだろう」とため息をついた。イ・サンテは「どこかでほかの男と一緒になっても、生きてさえいてくれればよかったのに…そしたら僕が時々行って顔でも見れるし」と惜しんだ。

一方、同じ日、アン・ミジョンは正反対の状況を経験した。彼女は息子の授業参観に行く代わりに、離婚した元夫ユン・インチョル(クォン・オジュン)のところを訪れた。友人カン・ソヨン(ワン・ビンナ)と不倫をした上、3年後にミジョンの家の近くにベーカリーまでオープンしたのだ。

アン・ミジョンはゴルフクラブを手に持って激怒したが、ついてきたインチョルの母イ・ジョムスク(キム・チョン)に酷く言われて追い出された。イ・ジョムスクは慰謝料と養育費をあげたからそれでいいんじゃないかと怒鳴った。結局家に帰ったアン・ミジョンは「ユン・インチョル、あなたを殺しておくべきだった。「韓国ドラマ 子供が5人 DVD」よりによって私の友人と不倫をするなんて」とユン・インチョルの写真を見ながら脚を蹴り上げた。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 17:44Comments(0)

2016年04月12日

イ・ヨウォン、ユン・サンヒョンとの共演に言及…「笑いを我慢するのが大変」

女優イ・ヨウォンがユン・サンヒョンの演技を褒め称えた。

イ・ヨウォンは17日午後、ソウル上岩洞(サンアムドン) JTBCで行われたドラマ「カッとナム・ジョンギ DVD」(脚本:チュ・ヒョン、演出:イ・ヒョンミン) の制作発表会に出席して相手役の俳優ユン・サンヒョンとの共演について言及した。

60412100239

この日、イ・ヨウォンはユン・サンヒョンについて「普段、女優恐怖症だ。特にカメラが回ると緊張すると頻繁に言っていた。過去にユン・サンヒョンと共演した俳優も、私に少し大変だと思うと話した」と切り出した。

続いて、「しかし演技が本当に面白いので、笑いを我慢するのが大変だった」と愉快な悩みを打ち明けた。

ユン・サンヒョンは「イ・ヨウォンがキャスティングされたと聞いてとても緊張した。初シーンを撮る時も手足に汗がたくさん出た。どのように演出したか思い出せないほどだ」とし、「監督が望む“B級の感性”に合わせようと思って大げさな表情をした。それで、イ・ヨウォンが笑いを我慢できなかった。だから今は自粛しているところだ」と話して笑いを誘った。

韓国ドラマ カッとナム・ジョンギ DVD」は、カッとする性格のオク・ダジョン(イ・ヨウォン) と小心者のナム・ジョンギ(ユン・サンヒョン) の日常を描く生活密着型ドラマ放送される。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 15:05Comments(0)

2016年04月07日

韓国版「ライアーゲーム」放送終了…ゲームの最終勝者となったのは?

韓国版「ライアーゲーム DVD」が“誰も信じるな”で始まり、“俺には必勝法がある”という言葉で締め括った。誰一人として簡単に信じることができなかった「ライアーゲーム」が、様々な可能性の残る結末で終わり、シーズン2に対する期待を高めた。

韓国で25日に放送されたケーブルチャンネルtvNの月火ドラマ「ライアーゲーム」(脚本:リュ・ヨンジェ、演出:キム・ホンソン)第12話(最終回)では、ナム・ダジョン(神崎直/キム・ソウン)とハ・ウジン(秋山深一/イ・サンユン)、カン・ドヨン(シン・ソンロク)がライアーゲームのファイナルマッチに臨む姿が描かれた。

ハ・ウジンとナム・ダジョンはこれまで様々な困難を乗り越えてきた。同じチームだったチャン局長(チェ・ジンホ)の煽りとカン・ドヨンの過去の暴露により、決裂する危機に直面した。しかしナム・ダジョンは最終的にハ・ウジンを信じ、共にカン・ドヨンに引き金を引いた。DVD販売

1_1

最終回は華やかな映像よりも3人の心理戦に集中し、視聴者により高い緊張感を与えた。さらにナム・ダジョンの父親(オム・ヒョソプ)までカン・ドヨンに拉致され、最終回とは思えないほどの様々な展開が繰り広げられた。

しかし最終的にハ・ウジンは自身の必勝法でナム・ダジョンを優勝させる戦略をそのまま押し通し、これによってナム・ダジョンがライアーゲームの最終勝者になった。その後、カン・ドヨンは父親を拉致した容疑で逮捕され、ハ・ウジンは元の場所に戻った。父と共に暮らすようになったナム・ダジョンを含め、ジェイミー(LEEEL)やチョ・ダルク(チョ・ジェユン)にも日常生活が戻ってきた。

物語はそうして終わるかのように見えた。しかし、ハ・ウジンの後ろに「カンドヨン行方不明」というニュースが浮び上がって疑惑を増幅させ、続いて登場したのは拉致されたカン・ドヨンが「ゲームは再び始まる」と陰険な笑顔を浮かべる姿だった。カン・ドヨンの背後には、彼を操る誰かがいることを示唆した。

特にまた別のライアーゲームが始まり、多くの人々が建物の屋上に集まって、誰かが「俺には必勝法がある」と群れをかき分けて登場した。それはハ・ウジンだった。ハ・ウジンが以前とは異なるスタイルで登場することにより、時間の経過を見せ、シーズン2に対する無限の可能性を示唆した。

これに先立ちイ・ヘヨンプロデューサーは、シーズン2制作の可能性について、「まだ何も決まったことはない。しかし『ライアーゲーム』の原作の版権は、制作会社ですべて保有している状態であり、視聴者たちの声援に力づけられて検討する余地は十分にある。放送が終わってから、後ほど話し合う予定だ」と伝えていた。

韓国ドラマ ライアーゲーム DVD」の後番組としては、オム・テウン、イ・シヨン、イ・スヒョク主演の「一理ある愛」が放送される。「一理ある愛」は、二人の男性を同時に愛するようになったヒロインのキム・イルリと、初恋に落ちた思春期の少女のような妻を見守らなければならない夫チャン・ヒテ、そしてそんなイルリを見て初めて女性という存在にときめきを感じるようになったキム・ジュンの愛を描く感性メロドラマで、韓国で12月1日夜11時から放送がスタートする予定だ。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 16:09Comments(0)