2017年02月28日

「ミッシングナイン」チョン・ギョンホ、ペク・ジニに助けられる

ミッシングナイン DVD」チョン・ギョンホが飛行機事故から劇的に助かった。

韓国で19日に放送されたMBC新水木ドラマ「ミッシングナイン」では、ラ・ボンヒ(ペク・ジニ) のおかげで助かったソ・ジュノ(チョン・ギョンホ) の姿が描かれた。

飛行機墜落事故でみんなが命を失いそうになった状況。唯一生存したボンヒは一緒に飛行機に乗っていたジュノを海から救い出した。

00

「ミッシングナイン」は、飛行機事故で消えた9人の行方と隠された真実を暴いていく物語だ。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 17:17Comments(0)

2017年02月23日

「超人家族2017」放送開始…月曜病を吹き飛ばすリアルな“家族シットコム”の誕生

超人家族2017 DVD」が全世代の共感を得ながら月曜病を吹き飛ばす超感性ミニドラマとして位置づけられた。

0hg723

韓国ドラマDVD「超人家族2017」が初放送された。SBSのシットコム(シチュエーションコメディー:一話完結で連続放映されるコメディードラマ) 帰還として期待を集めた作品だ。家族シットコムや超感性ミニドラマに近かった。この時代を生き延びている私たち皆は“超人”というテーマのもと、平凡なサラリーマン、主婦、学生たちの物語をリアルに描き、共感を呼んだ。

主人公はナ・チョニル(パク・ヒョクグォン) 家族。ナ・チョニルは無気力な万年課長だ。彼は休みの日、会社からの連絡がないことに寂しがった。遅れて受けた会社の人からの連絡にやっと微笑む、純粋で単純な人だった。ナ・チョニルは家の中でもそれほど大きい力を持っているわけではなかった。根気強い妻と中二病の娘に合わせてあげるタイプだった。

根気強いおばさんメン・ラヨン(パク・ソニョン) は、少女の感性も抱いていた。普通の女性のように綺麗に見られたいし、見せびらかしたいとも思っていた。下手な料理にチャレンジし、SNSで自慢する姿が共感を呼んだ。娘のナ・イクヒ(キム・ジミン) は、自身が片思いをしているコンユン(ホン・テヒ) と親友のペ・ミンソ(カン・ウナ) が付き合うのではないかと不安がった。ナ・イクヒは母メン・ラヨンに「私はどうして顔も成績も平均なのか」と吐露した。彼女の不満は多くの共感を呼んだ。第1話の最後には「大韓民国で平均として生きることは…」という字幕が流れ、視聴者に自身を振り返らせた。

平凡な家族のストーリーであるため、雰囲気も穏やかだった。しかし笑いを誘うところもあった。まずパク・ヒョクグォンとパク・ソニョンの生活感ある演技が輝いた。パク・ヒョクグォンは「パンチ」「六龍が飛ぶ」などで見せた強烈な演技とは180度違う、親近感溢れる演技を披露した。パク・ソニョンも抜け目の多いおばさん演技で新しいイメージを見せた。またパク・ヒョクグォンとパク・ソニョンは「妻の誘惑」「シークレット・ガーデン」などの有名ドラマをパロディーしながらコミカルな演技を披露した。特別出演したリュ・テジュンとチョン・シアも笑いを誘った。

笑うことのない最近、「超人家族2017 DVD」の登場は嬉しかった。大きな笑いを誘ったわけではないが、細かくて温かかった。月曜日の1日を気楽に終わらせてくれるドラマだった。先立って「順風産婦人科」より面白くはないけど、その次に面白いと自信を見せた「超人家族2017」。共感度は「順風産婦人科」より一手上だと言えよう。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 17:35Comments(0)

2017年02月20日

「キム課長」ナムグン・ミン、のど自慢大会のMCを称賛“イケメンだ、フェイス”

韓国ドラマ キム課長 DVD」のナムグン・ミンがキム・ウォンヘと共に過ごした。

00

16日午後、韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「キム課長 DVD」(脚本:パク・ジェボム、演出:イ・ジェフン、チェ・ユンソク) 第8話では、キム・ソンリョン(ナムグン・ミン) がチュ・ナムホ(キム・ウォンヘ) の部屋で時間を過ごすシーンが描かれた。

この日、ソンリョンはテレビの中ののど自慢大会を観ながら「もう言葉が出ない。流れるような司会の進行が良い。やはりバラエティはMCが命だ。イケメンだ、フェイス」とし、指でハートを作った。

続いてナムホのテレビでセクシーな有料チャンネルを決済し、笑いを誘った。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 15:05Comments(0)

2017年02月16日

EXO チェン、ドラマ「ミッシングナイン」OSTに合流…繊細なボイスが引き立つバラード曲

EXOのチェンがMBC水木ドラマ「ミッシングナイン DVD」のOST(劇中歌) に参加する。

チェンのソロ曲「I'm Not Okay」は本日(16日) 午前0時、MelOn、genie、NAVER MUSICなど様々な音楽配信サイトを通じて公開される予定であり、視聴者はもちろん、グローバル音楽ファンからも関心が高まると見られる。

00

今回の新曲「I'm Not Okay」は穏やかなピアノのメロディとオーケストラのハーモニーに、チェンの繊細なボイスが調和したバラードナンバーだ。歌詞には周りの人を失い、残された人々の傷みが表現されており、本日放送される第9話からドラマに挿入され、無人島で生き残ったラ・ボンヒ(ペク・ジニ) の記憶に残っている事件を描いたドラマのシーンと調和し、劇の魅力をより一層際立たせると見られる。

チェンはEXOおよびEXO初のユニットであるEXO-CBXの活動を通じて、優れた歌唱力とボーカルの実力を認められた。そしてSBS「大丈夫、愛だ」の「最高の幸運」、KBS 2TV「太陽の末裔」の「Everytime」、SBS「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」の「君のために」など、多数のOSTを連続ヒットさせて人気を証明しただけに、今回のOSTも良い反応が得られると期待されている。

韓国ドラマ ミッシングナイン DVD」は飛行機墜落事故で消えた9人の行方と、隠された真実を暴いていくストーリーを描いたドラマ  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 16:07Comments(0)

2017年02月13日

「被告人」放送開始…チソン&オム・ギジュン、隙きのない熱演と嵐のような展開に期待

息もできないほどの1時間だった。チソンの演技は一段と上手になり、オム・ギジュンは悪役の真髄を届けた。嵐のような展開に、吸い込まれるようにストーリーに集中できた。隙のない演出まで何も物足りなさがないドラマだ。

韓国ドラマ 被告人 DVD」では、主人公のジョンウ(チソン) が誰もが恐れる成功した検事から家族を殺した死刑囚に転落する場面が描かれた。

チソンは第1話から印象的なキャラクターを演じた。ジョンウ1人で暴力団のアジトに入り、副頭を検挙するほど勇敢な性格を持ち、組織の規則に屈することなく正義のためなら行動から始める熱血検事だった。また、大手法律事務所からラブコールを受けるなど、将来も有望に見えた。さらに美しい妻と可愛い娘までおり、何も不自由ないようだった。

0hg723

ジョンウは仕事も順調で家族と幸せな日々を過ごしていた。しかし、突然刑務所に収監されたジョンウが登場し、その理由は公開されず関心を高めた。ジョンウは自身も知らない理由で刑務所に閉じ込められたが、過去を覚えていなかった。妻の名を呼ぶと「お前が殺しただろう」という驚きの返事が返ってきた。

ジョンウはなぜ妻と娘を殺し、死刑囚となったのだろうか。ここには財閥3世のミンホ(オム・ギジュン) がいた。ミンホは権力を振り回す傍若無人な人物だ。ミンホはクラブで出会った女性を殺し、彼の人生に妨害となる双子の兄、ソンホまで殺した。ミンホは死んだ兄が自身であるかのように仕掛けた。しかし、ジョンウを騙すことはできなかった。同事件の担当検事だったジョンウはミンホの普段の性格をよく知っていた。ジョンウは偽造された遺書、状況を通じてミンホがソンホのふりをしていることに気付いた。この過程でジョンウとミンホは熾烈な戦いを展開し、お茶の間に緊張感を与えた。

チソンとオム・ギジュンの対決シーンは言葉通り熾烈だった。演技の神たちの対決だった。2015年のドラマ「キルミー・ヒールミー」で同年の「MBC演技大賞」で大賞を受賞したチソンは、演技の流れを活かした一段と上手になった演技を届けた。エリート検事から死刑囚に転落する過程はスペクタクルだった。見間違えるほど痩せた姿も印象的だ。

オム・ギジュンの悪役の演技はこれ以上言葉が要らないほどだった。数多くの悪役のキャラクターを演じながら培った底力が「被告人 韓国ドラマ」で爆発した。冷徹なオーラが視聴者を圧倒した。オム・ギジュンでなければ披露できない冷たい「悪」を届けた。兄を殺した後、混乱しながらも何気に嘘をつく図々しいサイコパスな演技は名声通りであった。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 16:39Comments(0)

2017年02月09日

「ボイス」目撃者のイ・ジュスン、最後に残した言葉とは?

目撃者のイ・ジュスンが、最終的に犯人に殺害された。

韓国で5日に放送されたOCN「ボイス DVD」では、カン・グォンジュ(イ・ハナ) がファン・ギョンイル(イ・ジュスン) が父を殺した犯人を目撃した最後の目撃者ということを知った。3年前、ム・ジニョクの妻とグォンジュの父が殺害された日、グォンジュの父が最後に残した言葉をファン・ギョンイルが知っていたのだ。

00

ところが、その犯人について聞く前にファン・ギョンイルは警察に連行された。続いてガソリンスタンドのトイレに寄った彼はそこで殺害され、犯人は彼の身体に火をつけた。ちょうどグォンジュがそこに立ち寄り、密閉されたトイレの扉を開けたが、すでに無残にも焼けた状態だった。彼は最後にグォンジュに何かを言い残したが、聞こえなかった。

韓国ドラマ ボイス DVD」この日グォンジュは、自殺で終結されたファン・ギョンイルの事件が他殺だと主張し、その証拠を見つけるために乗り出した。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 14:59Comments(0)

2017年02月07日

「被告人」少女時代 ユリ“チソン事件”の担当刑事に会った

少女時代 ユリがチソン事件の担当刑事に会った。

30日、韓国で放送されたSBS月火ドラマ「被告人 DVD」第3話では、積極的にジョンウ(チソン) 事件を調べるウネ(ユリ) の姿が描かれた。

00

現職検事の殺人という初めての事件。事件を担当したオ刑事は「すでに終わった事件だ」と定義した。初めて対面した当時、パク・ジョンウ検事が「僕が殺しました」と自白したし、動機は不利だと言い切った。

韓国ドラマ 被告人 DVD」現場を鑑定した動画などの資料は、すべて検察に渡された状況。これに注目するウネに、オ刑事は「努力しても無駄ですよ。明らかな事件ですから」とアドバイスした。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 11:52Comments(0)