2018年12月10日

韓国ドラマ ゴーバック夫婦/告白夫婦最終回(12話あらすじ)

車にひかれたバンドに駆け寄り、あなたと泣き叫ぶジンジュ。
それを見ているナムギルは救急車を呼ぶ。
病院に運ばれたバンドはすぐに手術室に入った。
ジンジュは手術室の前で泣く[ゴーバック夫婦/告白夫婦dvd]。

病院から帰るナムギルはジンジュのことを考えていた。
手術には家族の同意がいると言われ、私が家族だからサインをすると言っていたジンジュ。
バンドの血液型はA型で、ぜんそくと桃アレルギーがあると伝えていたジンジュ。
ナムギルはジンジュとバンドの関係を考えていた。

ジンジュは翌日病院に行ったが、看護師から家族以外は面会禁止だと言われた。
翌日も行くが会えなかった。


病室から出て来たバンドの母。
母はジンジュにバンドの彼女かと聞く。
ジンジュはそうだと答える。
母は私より泣いていたからバンドのことが好きなのだろうと言う。
母は病院の決まりで面会はできないが心配するなと言う。
ジンジュは本当に大丈夫かと聞く。
母はあなたのおかげで手術も成功して回復も早いと言う。
ジンジュは母を抱きしめ、お母さんも安心してくれと言う。

病室に戻った母はバンドに毎日心配して来てくれているのになぜ会わないのかと聞く。
命がけで助けた女性だろうと言う[ゴーバック夫婦/告白夫婦 日本語字幕]。
ジンジュのことを優しくてかわいい子だと言う母。

バンドは病室にドクジェを呼んだ。
ジンジュはそれを知り、自分だけに会わないのだと気づいた。
ドクジェに着いて病室に入るジンジュ。

ジンジュはバンドに死ぬかと思って心配したと言う。
母が亡くなったときのように自分の体もおかしくなりそうだったと言う。
ジンジュは18年来の夫が死にそうなのに家族でないから手術の同意もできなかったと泣く。
なぜ私を避けるのかと聞くジンジュ。

バンドは死を前にした瞬間にはっきり見えたと言う。
戻る方法もわからないし、全てを忘れてお義母さんと暮らせと言う。
戻る方法を見つけたのにジンジュのために…

ジンジュは、ソジンはどうするのかと言う。
まさかソジンを諦めたのかと言うジンジュ。
バンドは俺にとってソジンは頭の大半を占めているけれど、心臓のようなお前が重要だと言う。

バンドは看護師から事故現場に落ちていた結婚指輪を渡された。
その指輪を見て泣くバンド。
パパが悪いとソジンに謝るバンド。

その夜ジンジュは母ウンスクの胸の中で泣きながら眠る。
翌日ジンジュに会いに来たナムギル。
ナムギルは今日が誕生日だから1日付き合ってくれと言う。
ボルムたち応援団の選抜メンバーを決めるテストが始まった。
ジェウも受けると言う。
先輩はジェウにお前も受けるのかとバカにする。
ジェウはテストだけでも受けさせてほしいと言う。

踊り出したジェウに驚くみんな。
上手になりましたね[ゴーバック夫婦/告白夫婦 あらすじ]~
ジェウは諦めようとしたがボルムが自分のことをかばってくれたことを思い出し、必死に練習をしたのだった。
すごく上手になったジェウを褒める先輩。
しかしセンターにはなれなかった。
ボルムはセンターを他の人に譲りジェウと組むことにした。

ジェウはボルムにセンターができる実力があるのに俺に恥をかかせるなと言う。
ボルムは、私はあなたのパートナーになりたいのだと言う。
ジェウはボルムを抱きしめる。
ナムギルはジンジュを公園に連れて行った。
お弁当を持って来たナムギル。
すべて買ったものを詰めたお弁当だが美味しいと食べるジンジュ。

ボルム、ジェウ、ドクジェ、ソルはバンドの見舞いに来た。
ソルはバンドに、ジンジュを命がけで助けたのかと聞く。
ジェウは愛に命をかけるなんて向こう見ずだと言う。
バンドは愛って何だと聞く。
ジェウはお前とジンジュは愛し合っているだろうと言う。
ボルムもソルも知っていると言う。
ドクジェは知らなければバカだと言う。


ジンジュはナムギルに、バンドが事故にあった日に通報してくれてありがとうと言う。
ナムギルはお礼を言うのはバンドだろうと言う。
ジンジュは私のほうがバンドと親しいからだと言う。
ナムギルは俺がお前をヒョンシクから助けた時はバンドがお礼を言いに来たと言う。
ナムギルはお互いのためにお礼を言って、相思相愛なのかと聞く。
俺に入る隙はないと言うナムギル。
きっと素敵な女性が見つかりますよ



Posted by 大薮 あけみ  at 17:05 │Comments(0)韓国ドラマ ゴーバック夫婦/告白夫婦最終回

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。