2018年06月12日

ミスハンムラビのあらすじ1話~3話


ミスハンムラビ 感想」1話の動画を視聴するにはこちら

裁判所で共に働く事になったセサン、バルン、オルム。
オルムは被害者に寄り添う事で、事件の真相を知ろうと模索していた。
しかし、そんなオルムの態度は論争を巻き起こしてしまう。


そんな中、意見の違いから衝突を繰り返すオルムとバルン。
一方、オルムとバルンどちらの意見も正しいと考えていたセサン。
果たして、三人が導き出した判決とは・・・?

韓国ドラマ ミスハンムラビ」2話の動画を視聴するにはこちら

オルムに被害者に対する感情移入は禁物だと話すバルン。
しかし、オルムはバルンの言葉に納得がいかない。

そんな中、初めての法廷でミスを犯してしまったオルム。
ミスを挽回したいオルムは仕事に没頭するようになっていた。

一方、オルムにとある事件を担当させたセサン。
ところがオルムは予想外の行動に出てしまい・・・。

ミスハンムラビ あらすじ 3話」3話の動画を視聴するにはこちら

上司からセクハラ被害に遭った女性の訴訟を担当する事になったオルム達。

被害女性の訴えを真摯に受け止めるオルム。
しかしその一方で、セサンは妻子持ちの加害者と自分を重ね、判決に苦悩してしまう。

そんな中、セクハラの定義について疑問を呈したバルンとボワン。
二人の言葉に衝撃を受けたオルムは、バルンとボワンをある場所に呼び出すのだが・・・。
  


Posted by 大薮 あけみ  at 16:30Comments(0)ミスハンムラビのあらすじ1話~3話

2018年06月04日

黄金のポケット 視聴率 あらすじ

外科医ハン・ソクフンは幼少期、アメリカで養子になった。そのことで後ろ指をさされないようにと自分だけを信じ必死に努力してきた。大韓病院のスカウトにより韓国に戻ってきたソクフンは顔も知らない親を捜し出そうとする。韓国に帰ってすぐ制作会社のPDクム・ソルファと出会う。

彼女は出生の秘密を抱えながらも前向きに生きていた。ソルファとその家族たちに出会い最初は騒がしいだけの彼女たちに、いらだちを見せるソクフンだったが、家族の温かみを知り次第に変わっていく。果たしてソクフンに本物の家族ができるのだろうか?


20180604133523

黄金のポケット】のあらすじ1話~3話

幼いソクフンは、アメリカに養子に出される。
しかし持ち前の頭の良さで、外科医となったソクフン。
韓国に帰ったソクフンは、ミヒとの結婚が待っていた。
ミヒは両親から反対されないよう、ソクフンの両親を演じてくれる業者を使おうと提案し…。


0180604133507

ついに「黄金のポケットあらすじ」が終わってしまいました。
イラを救い出そうとするギソがかっこよかったですね!
そして、最終回まで明かされる事の無かったチャン一家の秘密。
そういう事だったんですね~~。
たしかに、ボムホだけを責める事はできないのかな~と思ってしまいました。
それにしてもボムホは不死身みたいでとても怖かったです。
そんなボムホに似ていくギソも・・・。
やっぱり憎み合っていたとしても親子で似ていってしまうものなのでしょうか。
硬派でスリル満点の作品でしたが、最後までハラハラドキドキで楽しめました!


  


Posted by 大薮 あけみ  at 15:22Comments(0)

2018年04月26日

チャン・グンソク、新ドラマ「スーツ」との競争に「プレッシャーなし」

韓国ドラマ「スイッチ」で主演を務める俳優チャン・グンソクが、新ドラマ「スーツ」との競争について「プレッシャーは感じない」と明かした。

SBS水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」の記者懇談会が25日午後、ソウル市内にあるSBS社屋でおこなわれた。

主演を務めるチャン・グンソク、ハン・イェリが出席した三生三世十里桃花 DVD

この日午後、KBS水木ドラマ「スーツ」が初放送を迎える。「スイッチ」は、新たなライバルと視聴率競争を繰り広げることになる。

チャン・グンソクは「スーツ」との競争について、深夜食堂 第四部 DVD「競争という単語はとても難しい。


ジャンル的にも、特性も異なる作品であり、たくさん違う点があるのではないかと思う」と述べた。

また「放送局はどのように考えるかわからないが、完璧な妻 DVD 個人的には気にしたり、心配になったりということはない。自分の演技に集中している。そのような点でも、プレッシャーは感じていない」とし、「数字でドラマが評価され、俳優たちの心が揺れるのは危険なことだと思う。動揺したり(心が)揺れたりしてはいけないと思い、現状をキープしている」と明かした。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 13:59Comments(0)

2017年05月11日

相葉雅紀『貧乏臭い貴族探偵』よりすごい「親族」!? 過去「グッズ販売」に「怪しいエステ」でジャニーズも「要注意先」認定か

現在放送中の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)。4話まで終了したものの、1話を除いては1ケタ視聴率で推移しており、今後の先行きが非常に不安視されている。ココ最近の月9ではマシな数字だが、30週年記念の豪華キャストや制作費を考えれば、そのような声が上がるのも当然か。
主演である相葉雅紀も「なぜ相葉に貴族をやらせるのか」と違和感を覚える人が多数。「雰囲気が貴族じゃない」「貧乏に見える」「田舎の一般人」などなど、かなり辛辣なコメントが散見されている。相葉自身の問題というよりは、制作側の「ミスキャスト」ということだが、いずれにせよドラマは苦境に立たせられているのが現状だ。
貴族探偵 DVD
0170511155328

 
そんな中、ここへきて相葉の「親族」にも注目が集まっているようだ。先月26日発売の「週刊新潮」(新潮社)によれば、相葉の伯母がエステ店を経営し、同誌記者がその中身を体験したという記事が出ている。
エステ店には「ヒーリングコース」があるらしく、かなり「スピリチュアル」で「オカルト」な内容だったそう。その上で5000円の請求をなされた、という話を驚きとともに伝えている。
かなり商売上手な印象も相葉の伯母。ただ、その「商魂」は伯母だけでなく、相葉の両親も同じだとか......。
ショッピング王ルイ DVD
  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 17:05Comments(0)

2017年03月07日

新ドラマ「トンネル」予告映像を公開…孤軍奮闘するチェ・ジニョクの姿に“視線集中”

OCN新土日ドラマ「トンネル DVD」(脚本:イ・ウンミ、演出:シン・ヨンフィ) の予告映像が3日、公開された。

映像には男性主人公パク・グァンホ役の俳優チェ・ジニョクの姿と共に、謎の犯人に残酷に殺害された女性被害者たちの姿が収められている。

00

1986年の刑事に変身したチェ・ジニョクは、犯人を捕まるために「誰が勝つのかやってみよう」と孤軍奮闘する。そんな状況で「家に帰りたいな」というセリフが笑いを誘う。また映像の最後には、犯人とみられる人物をトンネルで発見し、これを追うチェ・ジニョクの姿からは強硬な意志が感じられる。

「トンネル」は、1980年代に実際に発生した華城(ファソン) 連続殺人事件をモチーフにした。劇中では1986年、京畿道(キョンギド) ファヤン市で20代の若い女性たちが連鎖的に殺される事件が発生する。人を助けることができない時代と状況で、刑事として羞恥心と鬱憤を感じていた刑事パク・グァンホが突然、人を助けることができる未来にタイムスリップして活躍する予定だ。

韓国ドラマ トンネル DVD」の制作陣は「同じモチーフで当時の時代的な限界を描いた作品とは異なり、責任がある担当刑事が、自身のせいで危険にさらされた未来の被害者たちのために、時間を超えてでも必ず助け、直接抱く姿を見せるつもりだ」と話した。

一方運命が交差する場所「トンネル」は、人を助けようとする切実さで、30年間続いた連続殺人事件を追跡する捜査ものだ。

1986年、トンネルで連続殺人事件の犯人を追っていた刑事パク・グァンホ(チェ・ジニョク) が突然、2017年にタイムスリップし、エリート刑事キム・ソンジェ(ユン・ヒョンミン)、犯罪心理学教授シンジェイ(イ・ユヨン) と共に30年ぶりに再び始まった連続殺人の犯人を追う過程を描く。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 16:13Comments(0)

2017年03月02日

チャン・ヒョク&イ・ハナ出演ドラマ「ボイス」公式ポスター&キャラクターポスターを公開

OCNの2017年初のオリジナルドラマ「ボイス」の緊張感あふれる公式ポスターが初公開された。

韓国ドラマ ボイス DVD」は犯罪現場のゴールデンタイムを守る112通報センター隊員の熾烈な記録を収める捜査ドラマだ。愛する家族を不慮の事故で亡くした凶悪犯係の刑事ム・ジニョク(チャン・ヒョク) と112通報センターの隊員カン・グォンジュ(イ・ハナ) が犯罪率1位にコールバック率全国最低というソンウン支庁「112通報センターゴールデンタイムチーム」に勤務しながら、自身の家族を殺した連続殺人犯を追い、事件を解決していく過程を描く。

0_6

公開された公式ポスターを見ると、チャン・ヒョク、イ・ハナの相反する表情が視線を引きつける。「ボイス」を通じて初めて刑事役に挑戦するチャン・ヒョクは、正面にいる犯人に向かって銃を向け、カリスマ性あふれる姿を見せている。“ボイスプロファイラー”イ・ハナは、犯人を捕らえるため目を閉じて声に集中する姿で視線を引きつける。

これと共に公開された個別ポスターでは、各人物の特徴がより強く感じられる。チャン・ヒョクは「お前たちはまだ分からないんだ。俺が狂犬であること」というキャッチコピーと老練な目つきで“チャン・ヒョク流”刑事へのイメージチェンジを期待させる。イ・ハナは「聞くだけで見られるの。その声、必ず捕らえる」というキャッチコピーで“ボイスプロファイラー”としての活躍を予告している。2人とも曇った窓ガラス越しに正面を見つめる姿が視線を引きつける。

韓国ドラマ ボイス DVD」の制作陣は「緊迫した状況の中で、犯罪解決率を高めるためゴールデンタイムを守ろうと奮闘する2人の活躍がドラマへの集中力と興味を高めると思う。チャン・ヒョク、イ・ハナだけでなく、出演する俳優はいずれもそれぞれが演じる人物に魅了され、イメージチェンジした姿を見せてくれる予定だ。楽しみにしてほしい」と伝えた。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 17:46Comments(0)

2017年02月28日

「ミッシングナイン」チョン・ギョンホ、ペク・ジニに助けられる

ミッシングナイン DVD」チョン・ギョンホが飛行機事故から劇的に助かった。

韓国で19日に放送されたMBC新水木ドラマ「ミッシングナイン」では、ラ・ボンヒ(ペク・ジニ) のおかげで助かったソ・ジュノ(チョン・ギョンホ) の姿が描かれた。

飛行機墜落事故でみんなが命を失いそうになった状況。唯一生存したボンヒは一緒に飛行機に乗っていたジュノを海から救い出した。

00

「ミッシングナイン」は、飛行機事故で消えた9人の行方と隠された真実を暴いていく物語だ。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 17:17Comments(0)

2017年02月23日

「超人家族2017」放送開始…月曜病を吹き飛ばすリアルな“家族シットコム”の誕生

超人家族2017 DVD」が全世代の共感を得ながら月曜病を吹き飛ばす超感性ミニドラマとして位置づけられた。

0hg723

韓国ドラマDVD「超人家族2017」が初放送された。SBSのシットコム(シチュエーションコメディー:一話完結で連続放映されるコメディードラマ) 帰還として期待を集めた作品だ。家族シットコムや超感性ミニドラマに近かった。この時代を生き延びている私たち皆は“超人”というテーマのもと、平凡なサラリーマン、主婦、学生たちの物語をリアルに描き、共感を呼んだ。

主人公はナ・チョニル(パク・ヒョクグォン) 家族。ナ・チョニルは無気力な万年課長だ。彼は休みの日、会社からの連絡がないことに寂しがった。遅れて受けた会社の人からの連絡にやっと微笑む、純粋で単純な人だった。ナ・チョニルは家の中でもそれほど大きい力を持っているわけではなかった。根気強い妻と中二病の娘に合わせてあげるタイプだった。

根気強いおばさんメン・ラヨン(パク・ソニョン) は、少女の感性も抱いていた。普通の女性のように綺麗に見られたいし、見せびらかしたいとも思っていた。下手な料理にチャレンジし、SNSで自慢する姿が共感を呼んだ。娘のナ・イクヒ(キム・ジミン) は、自身が片思いをしているコンユン(ホン・テヒ) と親友のペ・ミンソ(カン・ウナ) が付き合うのではないかと不安がった。ナ・イクヒは母メン・ラヨンに「私はどうして顔も成績も平均なのか」と吐露した。彼女の不満は多くの共感を呼んだ。第1話の最後には「大韓民国で平均として生きることは…」という字幕が流れ、視聴者に自身を振り返らせた。

平凡な家族のストーリーであるため、雰囲気も穏やかだった。しかし笑いを誘うところもあった。まずパク・ヒョクグォンとパク・ソニョンの生活感ある演技が輝いた。パク・ヒョクグォンは「パンチ」「六龍が飛ぶ」などで見せた強烈な演技とは180度違う、親近感溢れる演技を披露した。パク・ソニョンも抜け目の多いおばさん演技で新しいイメージを見せた。またパク・ヒョクグォンとパク・ソニョンは「妻の誘惑」「シークレット・ガーデン」などの有名ドラマをパロディーしながらコミカルな演技を披露した。特別出演したリュ・テジュンとチョン・シアも笑いを誘った。

笑うことのない最近、「超人家族2017 DVD」の登場は嬉しかった。大きな笑いを誘ったわけではないが、細かくて温かかった。月曜日の1日を気楽に終わらせてくれるドラマだった。先立って「順風産婦人科」より面白くはないけど、その次に面白いと自信を見せた「超人家族2017」。共感度は「順風産婦人科」より一手上だと言えよう。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 17:35Comments(0)

2017年02月20日

「キム課長」ナムグン・ミン、のど自慢大会のMCを称賛“イケメンだ、フェイス”

韓国ドラマ キム課長 DVD」のナムグン・ミンがキム・ウォンヘと共に過ごした。

00

16日午後、韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「キム課長 DVD」(脚本:パク・ジェボム、演出:イ・ジェフン、チェ・ユンソク) 第8話では、キム・ソンリョン(ナムグン・ミン) がチュ・ナムホ(キム・ウォンヘ) の部屋で時間を過ごすシーンが描かれた。

この日、ソンリョンはテレビの中ののど自慢大会を観ながら「もう言葉が出ない。流れるような司会の進行が良い。やはりバラエティはMCが命だ。イケメンだ、フェイス」とし、指でハートを作った。

続いてナムホのテレビでセクシーな有料チャンネルを決済し、笑いを誘った。  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 15:05Comments(0)

2017年02月16日

EXO チェン、ドラマ「ミッシングナイン」OSTに合流…繊細なボイスが引き立つバラード曲

EXOのチェンがMBC水木ドラマ「ミッシングナイン DVD」のOST(劇中歌) に参加する。

チェンのソロ曲「I'm Not Okay」は本日(16日) 午前0時、MelOn、genie、NAVER MUSICなど様々な音楽配信サイトを通じて公開される予定であり、視聴者はもちろん、グローバル音楽ファンからも関心が高まると見られる。

00

今回の新曲「I'm Not Okay」は穏やかなピアノのメロディとオーケストラのハーモニーに、チェンの繊細なボイスが調和したバラードナンバーだ。歌詞には周りの人を失い、残された人々の傷みが表現されており、本日放送される第9話からドラマに挿入され、無人島で生き残ったラ・ボンヒ(ペク・ジニ) の記憶に残っている事件を描いたドラマのシーンと調和し、劇の魅力をより一層際立たせると見られる。

チェンはEXOおよびEXO初のユニットであるEXO-CBXの活動を通じて、優れた歌唱力とボーカルの実力を認められた。そしてSBS「大丈夫、愛だ」の「最高の幸運」、KBS 2TV「太陽の末裔」の「Everytime」、SBS「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」の「君のために」など、多数のOSTを連続ヒットさせて人気を証明しただけに、今回のOSTも良い反応が得られると期待されている。

韓国ドラマ ミッシングナイン DVD」は飛行機墜落事故で消えた9人の行方と、隠された真実を暴いていくストーリーを描いたドラマ  » 続きを読む


Posted by 大薮 あけみ  at 16:07Comments(0)